ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< どんどんどん | main | う・ふ・ふ >>
2012.11.19 Monday

ひさしぶりに、

エスプレッソ。

手紙を、書いていたのですが、進まず、あまり、今までそうゆうことがなかったのですが、
進まなかった。
自分のことがどんどん、どんどん、書きにくくなっている。

いい恰好して書きたい、とかじゃなくて、なんや、ようわからんのです。
自分の求めているものがようわからんのです、わかってはいるのですが、しらんふりをしています。
気づいても虚しさがあるからです。
でも、馬鹿じゃないからやはり気づいてます、でも馬鹿だから諦めがないのです。

『君は一生懸命じゃないから』とだいぶ前に言われたことがあるのですが、何を知っているのだ、
と、憤怒した覚えがあります。でも、そうなのかしら、とか、秋。

_______________________

芥川龍之介の作品に『秋』というものがあります。
最後の場面で、幌車に乗った主人公が見る景色は、表題通りの秋、なのですが、
それは心ときめくような紅葉に彩られた秋ではなく、冬を目前とした、殺伐さをも感じるような、
重苦しい空の秋。

今日、久しぶりに読んで、まぶたの裏にどんよりとした秋空がずーっと残っていて、
非常に、気分が、悪い。

その後、この主人公はどうしたんやろか、と思う。
彼女はわたし以上に、逼迫した気持ちだったろうに、

小説には終わりがあり、美しい。どれだけの長編でも、読み切れるものだ。
小説に人生を見出すなんて、馬鹿なことはわたしはしない。
決して、そんなに美しくはないもの。


今日も、近所は紅葉を観に来る観光客でごったかえしていた。
誰もどんよりとした重苦しい空の秋なんて、思いはせんよな、とかなんとか。




2017.10.24 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
わかる。年を重ねるほどに、目や耳や頭が肥えていくのに表現力が伴わない歯痒さ。激しく共感したのでコメントしてみました。ゆるりの文章は独特な屈折性があって好きだけどなー。また話したいわ〜
  • yuca
  • 2012.11.20 Tuesday 14:33
おー、お久しぶり。yuca氏お元気ですか?展示会に向けて奮闘中と記憶しています。
屈折か〜〜、(笑)
明日くらいギャラリー見物しにいきます。(いない?)

近々、お話しよ。まあ、年々、屈折、するよ、ね?
あー、最近思ったのが、耳があまり肥えるのはよくないなって思った。
無駄に情報過多はよくないなって。ありすぎて、頭すっからかん、あほうになっているわたしです。
また、のんびり話したいです。




  • ゆるり
  • 2012.11.20 Tuesday 21:22
お返事ありがとう。わお。今日(水曜)だけ、いない!残念ながら本屋ですよ。私信にてすみません。
耳ね。音楽とか美術とか、ファッションとかグルメとか…選択肢が増えすぎて、生きるのが大変。良い趣味(と教養)には結局有り余るお金と時間が必要で、凡人には越えられない壁だなぁと悲しくなります。欲!
  • yuca
  • 2012.11.21 Wednesday 06:34
そうゆう耳はいいやん!(日々わたしは煩雑なことばかり考えている証拠かしら。。)
趣味、教養、興味、感心というものは、わたしは涵養したい、と思うから、
やっぱし欲は大事にしたいなあ。(欲まみれって言葉が思い出されて今コワイなってるw)

全然関係ないかも、なのですが、たとえやすい例でいうと料理とか、
意外と材料がないなあ、というときのほうが、新しい組み合わせの料理ができて、なおかつ、
おいしいなあと思えるのがあるんです、これ、人生に応用できたらいいなとか思うんやけど、
う、理想論。。

どうやら、展示会、今日水曜は現在予定狂い真っ最中なので、木、土が期待大です。
  • ゆるり
  • 2012.11.21 Wednesday 11:55
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR