ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 年末 | main | 2017年日常 >>
2016.12.31 Saturday

街でばったり自覚のないひとびと。

このきもちは誰にもわからないだろうな、と思った、大晦日。

 

そもそも、苦しみとか悔しさとか、伝えづらいものだとも思う。

それを与えたひとたちは、けろっとしているものである。

自分のしでかしたことの事の重大さなんてわかっちゃいない。そもそも、自覚がないのだから。

 

(だから、ニュースをにぎわすいじめによる自殺なんて犬死しかないのだとおもう。悲しいが。やったほうは、そんなこと、おとなになったら忘れるものだよ、というか、そもそも自覚がないのだろう。)

だから、死なないでね。

 

犬死という言葉を使いつつ、しっくりこないな、と思いながら、お節をつくろう。

なくなったたましいは崇高なものだとわたしはおもう(と、せめておもいたい)。崇高とはかなしさなのかもしれないのかな。

そんなたましいを犬とつかうのはなんだか嫌だな。

 

狩野芳崖『悲母観音』を思い出しながら。

2016年大晦日。

 

くっらいなあ!やんなっちゃうけど、これがわたしのきもち。

それでは、かしこ。

お会いできる方、また会いましょう!

 

ゆるり

2017.10.24 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR