ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< おひさしぶりで6月です。 | main | 数か月放置のち。 >>
2017.06.29 Thursday

気づけば、6月末です。

誰かのことを案ずるような立場でないものの、

大事な人のことは案じてしまう。

その人が不器用であればあるほど、歯がゆくなってしまい、

内心苛立ちすら覚えてしまう、というミッドナイト。(ね、ね、眠れぬ。)

しかし、当人にメールして苛立ちをぶつけるわけにもいかないので、少し・もやつく。

 

人はそれぞれ生きているがゆえに抱える悩みは多かれ少なかれあるでしょう。

 

たまに、わかってほしいなあ、と思うときがある。悩みに関わらず。

それは家族に対して、でもなく、誰か、なのだけれども、

誰か、とはすごく難しい。石を投げたら当たるわけでもない。

あんたに投げてねえよという石を頓珍漢を通り越したチントンカンな方向へ投げられることもある。

(反対にわたしもそう投げているだろう。)

また、その石よく飛ぶんだよなあ。

 

自分のことを下心なく思ってくれる他人とは貴重ですね、とつまらないまとめ方に帰結。

だいたいわたしは万人受けするタイプでないので、ことさら有り難いのだろうなあ。

と、ぼやぼやしたところで、もの食う人々の記。

だいたいカレーは多い目につくる。

カレーに関わらず料理は全部そうだけれども。カレーのラストは、カレーうどん。

暑い夏もハフハフしたい。だしは濃いめにね。

 

カレーと来れば、次は唐揚げでしょうか。

周りは唐揚げ好きが多い。と言っても、2人しか思い浮かばないけど…。

でも、わたしも好きだなあ。唐揚げは毎回味が違う。適度に適当がなせる技。

基本、生姜、醤油、味醂あたり。塩麹もおいしいが、塩麹今は作ってない。また作ろう。

 

青椒肉絲。滑らかな口当たりに仕上げる。片栗粉な。

隣のトマト、そう、トマト、一週間で1箱15個くらい入っているのを消費する…。

わたしはトマト姉ちゃん、台所でかぶりつく。

 

めんどくさいときの味方、揚げそば。

毎回ブログに登場してそだね、月一つくってそうだ。ヤングコーンが入ると嬉しいよね。

ホタテも毎回入れている、なかなかこやつ、だしが出て良いのだ。

 

高知から送ってもらうシマアジ。アジじゃないよ。シマアジ。

幻の高級魚と銘打っている。確かに、美味しい。青魚の味ではない。

機会ある方、食べてみてね。

 

酢豚。黒酢ないから、普通のお酢と最後に嫌味にならない程度にバルサミコ酢を。

コクがでる。

 

ナムルを種々つくったら、ピビンバ丼でしょう。

スナップエンドウ、トマト、もやし、ミョウガ、のナムルを。

茹で、炒め、生ナムル、色々作れる。

 

テレビでマスタードをソースとして使って炒め物をやっていた。触発される。

隣は、コールスロー。

白梅酢で和えただけ。去年の梅漬けたときの白梅酢、役立ちますわ。

 

エビフライと、メンチカツ。これ、オカンが下ごしらえしたの持ってきてくれた。

 

タルタルは自分で作る派。おいしいやん。

ヤングコーン皮つき、売り始めたね^^

 

目先新しいものを食べようと、残り物野菜と豚で餡をつくり、

冷や飯で揚げご飯?にする。干し飯(ほしいい)みたいだ。じゅうっと餡をかけたら鳴った。

若干面倒なので、もうやらないでしょう。

 

チキン胸揚げ。

 

鶏そぼろご飯。

芋の味噌汁ってしみじみおいしい…。

 

空芯菜、筒菜やね、炒め物。

 

オカヒジキ、切り干し大根、カイワレの和え物、おいしかった。

 

筍仕事をブログでは紹介していなかったので。

 

筍ご飯。

 

てんぷら。

 

鶏とアスパラと筍のオイスターソース炒め。

 

筍と、これはキャベツと豚かなあ、ネギもあるかな?もう忘れておる…。

餡をつくり…、

 

春巻きに。

 

季節のものって美味しいですよね。つくづく美味しい。

おやすみなさい。ええ具合に眠たくなってきました。

もう少しで7月ね。

 

夏生まれの夏のお嬢さんなので、真っ黒なって楽しみますわ!

 

 

2017.09.15 Friday

スポンサーサイト

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017.06.29 Thursday 20:23
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR