ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 近所のご意見番の死 | main | 気づけば生まれ月です。 >>
2018.03.28 Wednesday

pink!

 週末、実家の庭の桜を見に帰るついでに泊まろうと思い電話をかけるも、『わたしらあと何回桜見れるかわからへんし出かけるわぁ』との返答。京都市内で桜のある家はそうも数はないだろうけど、桜並木は家にはない。
 家の大屋根にかぶるほどの大きな桜が実家にあるというのは、ちょっと正直誇らしいのだけれども、はて満開の頃合いを見たのはもう何年前なのだろう。自転車で帰れる距離にある実家のくせに思いばかりを馳せて、腰は重い。
 最近、新聞の連載小説が面白い。内容が、というよりかは、細々ぷつぷつと届くさまが今の自分に心地よい。
 新聞なんて物心ついたときから傍らにあったのだけれども、連載小説は読もう読もうとしてもいつも細切れすぎて、アーモウ!(鼻息荒)という状況であった。けっして気が長くなった、というわけではなく、今の生活が生活、だからだ。
 あまり子育てのことやら子のこと自身書くまい、と思っていても、今のわたしの中心がそれだから、自然とこぼれてしまう。
 誰かをお世話する生活はとても大変だ。その姿をじいっと見ていると、嗚呼、わたしこの子の人生を預かってしまったのか!(なんたる責任感!)と、ひとりヒャッとなったりする瞬間がある。この子つゆ知らず、わたしの顔を見てゲラゲラ声をあげて笑う。わたしの顔に何かついているのかしら。
 きっとわたしは他人目から見ると、凡庸な子育てしている主婦でしょう。それが以前はわかっていながらも少し受け入れづらかったのだけれども、今はそれはそれで、心地が良い。なんせ事実なんだから。
 凡庸なる地平線で自分というものが表せたらいいではないかな、やってみよう。そんな感じ。
 先日、テレビで友達がつくった番組を見た。すごく嬉しかった。エンドロールに名前が一番に出たとき、その名前を叫んだ。涙が出そうなくらい嬉しかった。
 連絡を密にしていたわけでもないし、近況も知らなかったが、彼女は彼女なりの苦労や思いがあって形にしているということは、別に聞いてもいないけれども伝わってきた。とても励まされて勇気をもらったのでした。
 勇気も鋭気も、腹ごしらえで、今日もわたしはもの食う人々。写真は撮れたり撮れなんだり、でもね、食べる。
簡単な料理が非常に多くなっているが、肉じゃが、ハンバーグ等々オーソドックスなものもつくったりなこの頃。
やはり何もできない、というときの水餃子。ケールとシイタケも入れて。

卵雑炊に抱かれたかった日。朝ごはんでしょうか。

母のかき揚げには完敗。悔しいなあ。悔しい!
それを言うなれば、『そら年の功よ』やってさ。
それではチャオ!また徒然。
2018.08.02 Thursday

スポンサーサイト

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018.03.29 Thursday 02:18
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR